メニュー

膣アンチエイジング(モナリザタッチ)

モナリザタッチ ~膣のアンチエイジング~

女性の加齢による体質の変化に伴い、膣の乾燥、かゆみ、性交痛、尿漏れ等を感じる方がいます。
1つの要因として、膣の細胞が萎縮して、潤いを失ってしまうことが考えられます。
2017年11月NHKの情報番組、「あさイチ」で紹介された「モナリザタッチ」と呼ばれる最新の炭酸フラクションガスレーザー機器を導入しました。

この医療機器は世界中で以前から行われており、論文報告数も多く、膣粘膜の栄養状態改善、上皮細胞のグリコーゲン増加、コラーゲン繊維の増加、線維芽細胞活性化、膣内細菌叢の改善などの効果がみられ、膣・外陰部の不快症状の治療として有効とされています(産婦人科診療ガイドライン2020年婦人科外来編より)。

保険適応外となりますが、数分の照射で膣の細胞に潤いを与え、膣・外陰部の若返られるアンチエイジングとして期待されています。
詳しくは、「モナリザタッチ」HP(http://ja.monalisatouch.com/)をご参照して下さい 。

モナリザタッチの効果

方法

膣内は痛みを感じないので麻酔は必要ありませんが、外陰部を照射する場合には30分前に麻酔クリームを塗ります。
膣内や外陰部に炭酸ガスフラクションレーザーを数分間照射し、その後は特別なケアは必要ありませんのですぐに帰宅となります。
施術後、一時的な不快症状を認めることがありますが、3日間の性交渉を控えて頂く以外に注意事項はありません。

料金

1回
導入キャンペーン(令和4年度)
29,700円(税込)
3回セット
導入キャンペーン(令和4年度)
79,200円(税込)

1回の照射でも効果はありますが、最初は1ヶ月毎に2~3回照射し、その後は1年毎に1回照射を勧めています。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME