メニュー

妊婦健診

妊娠健診の目的は、母児ともに健全な状態で妊娠・分娩を終了させることです。当院は4Dエコーを導入しており、より鮮明な画像をご覧いただけます。妊婦健診の画像は保存、転送させていただき、最終日に希望者に対してUSBをお渡しします。健診には川崎市の公的補助が適用されます。また出生前検査認証制度による連携認定施設として認可され、NIPT検査が当院でも可能です。

妊婦健診とは

妊娠健診の目的は、母児ともに健全な状態で妊娠・分娩を終了させることです。妊婦健診は母子保護法に基づいて実施され、すべての妊婦がこれを受けることが推奨されています。

初診の時点でのハイリスク妊娠の抽出が重要で、的確な情報を得るために入念な問診を行います。

妊婦健診は川崎市の公的補助が適用されます。

当院の妊婦健診の特徴

当院の院長は、産科歴が15年以上に渡り、分娩立会い約4,000件以上、無痛分娩2,000件以上、周産期センターでNICU(新生児集中治療室)、ハイリスク妊娠管理を経験し、現在も他施設で無痛分娩を含む分娩に立会い、産科領域の技術維持、勉学に努めています。

  • 妊娠管理は産科診療ガイドライン、エビデンスに準じて行います。
  • 希望者に対しては、産婦人科遺伝診療学会周産期認定医による出生前診断について説明します。NIPT検査は、出生前検査認証制度による連携認定施設として認可され、10週以降に可能で、費用は88,000円(陽性時の羊水検査代込み)です。クアトロ検査は15週以降に可能です。
  • 妊娠初期、妊娠20週、妊娠30週頃に、胎児スクリーニング検査を行います。
  • 妊婦健診の画像保存(転送)、適宜4Dエコー(負担なし)を行い、最終日に希望者に対してUSBをお渡しします。
  • 妊婦健診は予約制であり、できるだけ待ち時間がないよう努めています。
  • 妊婦健診時、ご家族と一緒に超音波画像が見られます。詳細は外来で説明させていただきます。
  • 当院通院中の妊婦様に院長の連絡先をお伝えします。いつでもお気軽にご相談ください。
  • 分娩施設の紹介をご希望の方には、適切な医療機関を紹介させていただきます。

画像提供:富士フイルムヘルスケアシステムズ株式会社

妊婦健診の項目

1.妊娠初期検査(8~10週頃)

経腟超音波検査による胎児スクリーニング検査

後頸部肥厚(NT)、無脳症、心奇形、髄膜瘤などの診断をします。

また、2020年産婦人科診療ガイドラインに準じて、この時期に赤ちゃんの大きさより分娩予定日を決定します。

初期血液検査

血液型(ABO式・Rh式)、不規則抗体、血算、B型肝炎ウイルス抗原、C型肝炎ウイルス抗体、HIV抗体、梅毒血性反応、風疹抗体、HTLV-1抗体、血糖値、トキソプラズマ抗体を調べます。

子宮頸がん検査
性器クラミジア検査

早産、前期破水、分娩後の新生児感染症への影響を確認します。

膣分泌物細菌学的検査

早産への影響を確認します。

クアトロ検査(母体血清マーカー)、

NIPT検査をご希望の方は、カウンセリングを行ったうえで行います(他院通院中の方も可能)。

2.妊娠中期検査

経腟超音波検査(20~24週)

子宮頸管の長さを計測し、早産のリスクを評価します。

経腹超音波検査(20週)

胎児スクリーニング検査(頭部、心臓などの臓器、羊水量などの確認)です。

中期血液検査(24~26週)

血算、血糖を調べます。

3.妊娠後期検査

経腹超音波検査(30週)

胎児スクリーニング検査(頭部、心臓などの臓器、羊水量などの確認)です。

妊婦健診で定期的に行う検査

経腹超音波検査

赤ちゃんが順調に成長しているかどうかを、赤ちゃんの位置や羊水の量で判断します。

血圧・体重の測定

高血圧や急激な体重増加がないかを確認します。

尿検査

尿糖、尿蛋白などを確認します。

妊婦健診のスケジュール

妊娠10~24週

4週間に1回

妊娠24~32週

2週間に1回

※出血や腹痛がある場合はご連絡のうえ、上記期間に限らず受診してください。

妊娠中によくみられる疾患について

切迫流産

切迫流産は妊娠22週未満に赤ちゃんが排出されていない状態で、流産に進行する可能性がある臨床症状(性器出血、腹痛、子宮頸管長短縮など)を呈する場合とされています。

流産予防に効果的な薬物療法は存在せず、上記症状がみられる場合は安静療法となります。

切迫早産

妊娠22週37週未満に下腹部痛(10分に1回以上)、性器出血、破水などの症状があり、規則的な子宮収縮、子宮口の開大、子宮頸管長短縮などがあると、早産のリスクが高いとされています。

早産の原因は、絨毛膜羊膜炎、前期破水、頸管無力症がほとんどで、特に早産の既往歴、円錐切除術歴のある方はハイリスクです。スクリーニング検査としては、妊娠20~24週頃の経腟超音波検査で、子宮頸管長≦25mmの方は早産ハイリスクとなります。

治療法には、安静療法、薬物療法がありますが、子宮収縮抑制作用のある内服薬は早産率やNICU入院率を減らすというエビデンスはなく、動悸などの副作用があることから、当院では安易な処方をしていません。

妊娠高血圧症候群

妊娠高血圧症候群は、妊娠20週以降、分娩12週までに高血圧がみられた場合、または高血圧に蛋白尿が伴う場合とされています。頻度は全妊婦の4~8%で、肥満、高齢妊娠、家族歴、初産婦に多くみられます。

母体合併症として、全身的な血管病変が起こり、蛋白尿、肝酵素の上昇(HELLP症候群)、子癇発作(痙攣発作)、常位胎盤早期剥離などがあります。

児の合併症としては、胎盤機能不全に伴う胎児発育不全、胎児機能不全症などがあり、そのため、早産や帝王切開が増加します。

根本的な治療は妊娠の終了であり、妊娠週数などを考慮して妊娠継続する場合には原則入院管理になります。早期発見には、栄養指導、体重管理、血圧管理が重要で、妊婦健診で定期的に確認させていただきます。

妊娠糖尿病

妊娠糖尿病のスクリーニング検査は、妊娠12週と24週頃の血糖測定で行います。

随時血糖値≧100mg/dLの方に対して75gOGTT検査を施行しています。これは、75g糖水の摂取前、1時間後、2時間後に血糖値を測定し、それぞれ92mg/dL、180mg/dL、153mg/dL以上を陽性として、1つでも満たせば妊娠糖尿病と診断されます。その頻度は12%とされています。

血糖コントロールが悪いと、児の奇形、腎症や網膜症が増加するため、妊娠中の血糖管理は非常に重要です。

治療法は食事療法、運動療法、薬物療法があり、ほとんどが食事療法で対応できますが、コントロール不良の方はインスリン注射が必要です。

当院では妊婦健診時に定期的に尿糖検査を行い、スクリーニング検査が問題ない方でも、必要な場合には75gOGTT検査を行います。

妊婦健診の費用(概算)

妊娠週数
(目安)

診療内容
(毎回超音波検査)

概算

公費補助券
(川崎市)

概算

公費補助券
(横浜市)

概算

公費補助券なし
(大田区など後日精算)

6週

クラミジア抗原検査

子宮頸癌検査

4,100円

4,500円

5,400円

8週

膣内細菌培養検査

3,000円

3,000円

3,000円

10週

妊娠初期採血

4,600円

14,500円

25,400円

13週

 

3,500円

2,700円

7,400円

16週

(分娩施設へ受診)

3,500円

2,700円

7,400円

20週

胎児超音波精密検査

2,500円

3,900円

8,500円

24週

妊娠中期採血

2,500円

3,900円

8,500円

26週

 

4,700円

3,900円

8,500円

28週

 

4,700円

3,900円

8,500円

30週

胎児超音波精密検査

4,700円

3,900円

8,500円

32週

 

4,700円

3,900円

8,500円

 

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME